2009年10月28日水曜日

離乳食

こんにちは

首都におります。クリニックに行こうと思いましたが、クリニックに電話が通じませんでした。




先日の浴衣祭りの翌日

近所のスーパーであった女の子11歳。去年からの友人です。
彼女が家にご飯にきて、というのでそのまま彼女の家にいっちゃいました。

朝から何も食べてなくて、おなかがギューギューなってる中待つこと3時間・・・

昼ごはん

野菜と肉をカレー粉でいためて、さらにオーブンで焼く料理(名前がわかりません)

おいしかったです。




で なんでも、彼女の家はよく外国人を招いているらしい。
彼女の母はワディムサのぺトラ遺跡の近くの村の出で、週末はほとんどそこですごすので、
そこで出会った女の子をよく家に呼ぶそうです
で、この冬に日本人の「ななこ」さんというコがこの家に来ていたんです
写真を見せてもらいました。
ななこさん
さらにその後、アメリカ人が2回と・・・

なかなか開放的な家で

お母さんアメルは明るいし、しっかりしてるし、おしゃべり好きだし
あたしの友達ハディール11歳は、いたずらばっかですが、明るいいい子です。
お母さんアメルの悩みは*ハディールがぜんぜん勉強ができないこと!*
「しっかり勉強して、大学まで進んでほしいと思っているから、学校の成績が悪くて困ってるのよ。
 あかねからも何とかいってやってよ。あなたは大学でてるんでしょ。
 ちゃんと勉強しなさいといってほしいの」
と母。

ハディールに聞くと
「勉強をするんだけど、すぐ忘れちゃうんだよね(笑) 勉強するのも学校に行くのも好きなんだけどね」
と。

どこの国でも親の悩みは一緒かもしれません。




で、そうそう、彼女の弟、セイフ7ヶ月。まだお座りもできません。
しかし、しっかりま離乳食を食べています。
すごい食べる意欲のある子でびっくりです。
大人がご飯を食べ始めると、じーーーと見つめて泣き始めた。そしてご飯をあげると、よく食べる!!
日本で、7ヶ月でこんなに意欲のある子は、いるけど少ないような気もします。


で、離乳食の内容

大人の食べているもの(カレー味の野菜)をスプーンでつぶして、さらに、残り物のご飯(もちろん油と塩が入ったご飯)を加えて、さらに、ヨーグルトを加えてよく混ぜて出来上がり!!



日本とぜんぜん違うんだよね。
日本にいるときの育児指導 
「離乳食用(肉と野菜を分けて)まな板を用意する。塩分は控える。ご飯もやわらかく炊くetc 」
ヨルダンじゃ、どれひとつ一致しておりません。
でも子供は育つものです
実際の育児を目で見れるって、うれしいことです。


最後にお母さんは
「あかね、ヨルダンのご飯が食べたくなったらいつでもきなさい。
 友達が来たときも一緒につれてきなさい。
 まってるからね」
といってくれました。
うれしかったです。

ヨルダン家庭料理を一緒に食べに行ってくれる人 いますかね?




おしまい






2009年10月27日火曜日

浴衣

こんにちは


ヨルダン マアンです

久々にマアンにいます。

家の中が寒いです。日中も、もう家の中は寒いです。



今日は久々に友人ハディージャの家に遊びに行ってきました。

最近おなかの調子がよくなくて なかなか回復しないままで、食べるのを控えてたんですが・・・・

昼ごはん、お呼ばれしたらさ、やっぱりたべないと。

で、今日の昼ごはんに私が持参したもの 「箸」
彼女に使い方を教えたら、本当上手に使ってくれました。
サラダの野菜を二人で箸でつまんで少しずつ少しずつ食べました。
肉は手で食べるし、ヨーグルトはもちろんスプーンを使うけど、サラダと米は箸で



そんな彼女と食後にしたこと


二人で浴衣を着ること!!


彼女の予ねてからのお願い。


かわいいでしょ。やっぱり浴衣は160センチくらいまでの人用にできてるのではないかと思う。
155センチの彼女には本当によく似合ってました。


そして、さらに 彼女のお願いは 「日本の踊りを踊りたい」


ということで、持参したもの

地元堀之内の盆踊り「大の阪」のCD!!

音楽をかけて、二人で1時間近く踊りました。
「日本の踊りって簡単!!!!」
盆踊りって単純で簡単で誰でも踊れるのが良い!!
おもしろかった
あたし自身もこの大の坂を聞くのが、数年ぶりで、踊りを忘れてたりしたから、さらに楽しめたわけで


夕方、彼女の姉妹も合流して4人で浴衣を着替えたり、写真を撮ったり
父さんも登場して、娘たちの写真を取りまくり、それを母さんは見守り、
なんかあったかかったょ
たのしかったょ










ついこないだ 専門家の人に言われたこと

「専門家になったらこんなことはもうできないんだよね。良い経験してるね」

そう。専門家や職員になったらできないこと。
現地の人と同じものを食べて、家に行って遊んで、踊ったり、寝たり
至近距離で付き合いができる。
これって隊員だからできることなんだわ
今日改めて考えた。

2年間、ヨルダンで現地の人と生活をするってこと、一緒に生活できるって事は幸せだわ
いやなこともあるし、泣いたり、怒ったり、マイナスなことの方が多く感じるときのほうが多いけど
こんな生活、おそらく人生で2度とない。
そして、この生活もそう長くなくて、すごい貴重な時間。
ありがたいわ







こんな風に思えるのも、今日だけかもしれないけど(苦笑) 明日はまた嫌いになってるだろうけど
今日こう思えたことがよかったな





さて、明日は何が起こりますか・・・・



おしまい。

2009年10月17日土曜日

運動会

ヨルダン また暑い日がつづいています

一時の寒さはどこへやら・・・・




そんなヨルダンの暑さの中、


「日本人会運動会」が開催されました

日本の東西で分かれて白組と赤組

朝9時から開会式

障害物競走・・・玉入れ・・・そして マラソン!!

出場競技だったんだけど、 マラソンといっても1800㍍

「本気」で走る中距離走 (げーーーー苦手!!!)

16人中16位で完走~~ みんなに拍手で迎えられ。。。。




保育園の時の運動会を思い出す

一生懸命走ることが、苦手で スタート直前から、観客に手をふって

みんなに拍手で迎えられ一番最後にゴール

そうそう、小さいときから足は遅いのよ・



走り終わりは、そんな回想をすることもできず ゼコゼコいいながらもう動きたくなかった

あとはほとんど応援で、

綱引き・・・ウルトラクイズ・・・・2人3脚(仲のいい夫婦しか出れない競技)・・・etc




そして最後のリレー

これがまた盛り上がるようになっていて、接戦のなかで迎えます。

リレーと同時にとなりで応援していた大ちゃんがすんごい応援しだすもんだから

それにつられて、応援

のどが痛い!!

リレーの結果は、赤白とも一勝一敗





そして全部の競技を終えての結果は

赤組の勝ち!!! 悔しい



まあ、
結果より 日本人会の人たちが集まって運動会ができること

大きな怪我もなく、運動会が終わったこと

良かったです。

楽しかったです。

そして、去年より知ってる人が増えていたので、居心地も良かったです。



で、テニス仲間のお子さんが

「ママまた運動会ないの?また来週ある?また来週きたいよ。」

といっている姿を見て、ヨルダンでくらしいるて子供たちにとっても、

すごくいい刺激になるんだな~って思いました。




でも
あーーーー疲れた





最後になったけど

この写真

運動会に向けてTシャツを名前と背番号入りで作っちゃいました☆


真ん中の赤いはっぴ姿は、在ヨルダン日本大使。








ちょっといいでしょ




おしまい

2009年10月12日月曜日

教育

こんにちは

ヨルダン マアンです。 

風が強くて、また家中砂だらけになりそうです。

今日、TVヨルダン放送をみていた同僚が
「あかね!! 豚インフルエンザ(この国ではこれが一般。何ゆえ豚禁止のイスラム教国ですから)になったら、病院にいっちゃだめなんだって!!!」
って教えてくれました。病院にはいかず、自宅で対処をしなさい、と保健省がいっていたらしいです。
ヨルダン国内で、ただいま500人くらいの罹患者がいるらしいです。



さて、最近、夜な夜な STDについて勉強しなおしてました
STD=性行為感染症
性行為によって感染するすべての病気を含みます。
よく知られているのがHIV/AIDSですが、
そのほかに、クラミジア、カンジダ、淋病、梅毒・・・など
日本では、クラミジアと淋病が、近年、若い年代を中心に急増中らしいです。
このSTDについて、ネットで調べると、若い子向けのサイトが結構ある!
症状や治療がわかりやすく書いてあるサイトがたくさんありました。
それだけ、性行為の若年化も進んでいるんだな・・・・

ところで、友達がブログで ケニアの性教育について書いてました。
http://kurojectx.blogspot.com/2009/10/blog-post.html


彼の疑問 “性教育は誰が教えるのか?”


ヨルダンでは・・・・同僚モナの話より
ヨルダンは小学校に上がると男女別学。日本と同じ6歳(7歳の歳)から小学生
そのころから、「両親」が性教育をする
女の子には母親が、男の子には父親
何でこの時期かというと、
男女の違いについて考えられる年頃になり、興味がわいてくるから。
そして、
ここマアンでは女の子は9歳か10歳くらいから
ヒジャーブをかぶり、肌の露出を避け始める。
そして、また上学年(高校生くらい)では、助産師による健康教育があり
内容は、体の清潔乳がん検診のこと、健康な食生活など

男子は?・・・不明・・・

どのくらいの内容を両親がしているのか、
本当に各家庭がしているのかはわからないけど、
同僚の情報によるとそういうことらしい。



じゃあ、日本は誰が教えるのか?


そりゃ、中学校の保健体育でしょ!
って答えるかもしれないけど、本当にそれだけで良いのか。
小学生の売春があったりする中で、いいんだろうか。
性教育なんてしなくていい、って声は未だあるにちがいない日本において。

正しい情報を知ることができることは大事で、どこに相談したら情報を得れるのか、
これらのことで悩む子供たちにとって自分の味方になってくれる人を探せるんだろうか。。。。。。
ネットでたくさんの情報を見て、悩んでいる子供たちが多いにちがいないと思った。

ヨルダンの事情を話してくれた助産師の同僚モナに
「日本はどうなの?」って聞かれて、彼女みたいに自信をもって答えられなかった。

私の理想は、、、、、
家で教えてもらえる(それには両親の知識がないと意味がない)
  ---両親(家族)に相談ができる
学校で教えてもらえる
  ---両親以外に相談できる人が身近にできる
学校で誰が教えるのがいいのかは、まだ考え中。




でも、日本てどうなんだろう。誰が教えてくれるんだろう



夜な夜な考え中の日々





同僚ナヒダの息子  9月から小学校1年生

2009年10月11日日曜日

新隊員

コンバンワ

夜のヨルダンより  

夜風が冷たいです。



さっき日記を更新したばかりですが、また更新します。




「新隊員歓迎会」 が金曜日にありました。

協力隊・・・1年間に4回 新しい隊員が来て、1年間に4回隊員が帰国します。

今回は21年度2次隊の方々、協力隊員、シニアボランティア合わせて9人の方が

新しくヨルダン着任です。




21年度1次隊が来てから、もう3ヶ月か!!!


早いな。


そして、今回の隊員の若いこと。 

現役大学生がいます。


新隊員の挨拶

「ヨルダンで・・・・・・・をがんばりたいです。よろしくお願いします」




聞いてて、気持ちを一新・・・・初心忘れるべからず

がんばれ自分



各隊次ごとの挨拶。

19年度3次隊----19年度4次隊-----「20年度1次隊」


早!! いつの間にか、前から数えた方が早い隊次



あいさつ・・・あいさつ・・・

『マアンにらくだの肉とおいしいロズボハーリを食べにきてください』
(食事ねたしか思い浮かばない、、、、マアンの紹介)





楽しい宴は続き

今回もたくさんの美味しい料理をいただきました。


週末万歳









で、夜。女性寝室で、新隊員の方に

「あの、ブログ 見てました!!」


って言われて、すごくうれしかったのでした。



おしまい

2009年10月10日土曜日

料理

こんにちは

ヨルダン マアンです。 

朝、霧? 砂霧?? なのかわかりませんが、午前中のデザートハイウェイはガスってます。



先日、アカバ(南部港町)に行った時に、

アカバ名物 “バナナ” と一緒に、 
スパイス屋さんで 「カプサスパイス」 & 「ミックススパイス」 を購入










スパイス屋さんで、カプサスパイスをください、って言って出てきたスパイスが、自分の持ってるスパイスとかけ離れていて・・・一瞬びっくり

でも、購入。





そして、木曜日。

お友達の誕生日。リクエスト料理 『カブサ』

カブサ・・・サウジアラビアの料理。サウジでは、羊肉で作るのが普通らしいです。
      しかし、ここはヨルダン。ヨルダン風カブサは、鶏肉!!
      鶏肉のトマト味炊き込みご飯。 本当は、この肉をBBQみたいに焼くのがおいしい。


材料(4人前くらい)

  たまねぎ     1個
  にんじん     1本
  トマト       1個
  トマトペースト  大さじ4~5杯
  にんにく     4かけ
  鶏肉       半身
  カブサスパイス  適当
  塩コショウ     適当
  チキンスープ   適当
  長米       3合くらい  (今回はパレスチナ米を使用)
  松の実      適当     (今回はアーモンドを使用)

作り方
 
 にんにくと細かく切った野菜をよくいためて、鶏肉も一緒にいためちゃって
 スパイスと塩コショウで味をつけ
 トマトペーストを入れて、
 それに、チキンスープを加えて
 ご飯と一緒に炊く。
 炊き上がったご飯を大皿に盛り付けて、その上によく炒った松の実を乗せる。
 ☆☆☆完成☆☆☆ 
 ヨーグルトをかけながらいただきます(今回は、きゅうりヨーグルトサラダを付け合せにしました)

 ※  鶏肉を先に取り出して、トマトケチャップと塩コショウ、にんにくにつけて焼くともっとおいしい!


すんごい適当なレシピですが、これでできたのがこれ!!
 

ちょっと味が薄かったかな??


でも友達は 『おいしい!!!』 って食べてくれました。


確かに 日本人にもウケル味です


ヨーグルトとご飯・・・・・・・・・ちょーーーーーーーーウマイ!!!!





はらくっちゃくなって、ワインを飲んで、アルギーレ(水タバコ)



お誕生日おめでとう




おしまい

2009年10月7日水曜日

ヨルダンで好きな場所

こんにちは

朝の最低気温がついに15度をきってます。

寒い。寒い。


今、18時ちょっと前。

起きた瞬間

「やばい!!今何時。 活動におくれる!!!!!」


勘違いです。






先週末、ヨルダンで一番大好きな観光地


ワディラム

にいってました。 (また観光ねた)


総勢21人という大きなパーティー  日本からの友達、ドバイからの友達、ヨルダン在邦人それと協力隊


いやーーーすごい



入って早々、

ここの表情の豊かさに圧巻

くる季節によってぜんぜん表情が違う。

今回はちょっと白くなった肌に薄ピンクがきれいで、少しかすんだ薄いブルーがよく似合う




そして、

夜は満月




影を作り出すほどのお月様は、24時にちょうど真上にくるように

砂と岩を照らし出し

静かな砂漠が また一段と凛として


こんな月光の下でも、

きれいな流れ星は見えるもので、

日本にいたときに何で見えなかったのかと不思議になるほど。


時間の流れをつきの動きで感じながら 夜は更けて・・・・




翌日がメイン


今回は 一番大きな石の橋 登山!!!


キャンプからジープで40分

そこから登って1時間半


着きました


一番大きい橋



よくみると橋の向こうの砂漠がうっすら。

すごい高いところにあります。




あーーー気持ちいい。


登るまでにロープを使ったりしたので、降りるときの方が怖い。ロープでおりる。。。







いやーーー

帰国まであと9ヶ月。

あと何回これるかな・・・




今回もこのラムに心を奪われちゃいました。


あーーー素敵。






ヨルダンにくるときは、ぜひここで1泊。



おしまい。