2009年7月29日水曜日

7月29日 

こんにちは  

非常に日差しの強いマアンです

昨日は日中から銃声が鳴り止むことがなかったです

その理由は、大学入試(センター試験のようなもの)の合格発表のためかと思います。
合格発表は今日なんですけどね。前夜祭ですかね



今朝 いつもどおり通勤で歩いている途中、大きなテントが出ていたので、結婚式かな~って思っていたら

昨日の夜の出来事

自動車の交通事故で四人が亡くなったそうです。子供はまだ小さかったそうです。ってことはなくなった大人も若い人ですね。

そして、先週はバスの事故で大学生がなくなったらしいです。

実はヨルダン、日本の交通事故の6倍の事故らしいです。
そりゃそうでしょ!と納得できるような交通事情ですが。

いつも歩いてる最寄の幹線道路もよく交通事故が起こり、5月には同僚のだんなさんが事故でなくなっています。



歩くときは、後ろ、横、前、すべての方向の車とシャバーブ(男の人)と男の子に注意が必要!!





そうだ、それと、銃声が聞こえたら、屋根の下へ行くように。

銃弾が落ちてくるからね。(これはじめのころに何回か言われました)

ここマアン。。。。銃声の響く街。。。。ヨルダン人に聞いても、マアン=トシュ(銃)

家の前とかに銃弾落ちてたりするし。特にこの時期

タジーヒのパーティーはまた来週あたりだし、婚約・結婚式シーズンはラマダン前まで続くので・・・・

夜は 空から落ちてくる銃弾に注意





おしまい



                   パーティーの準備(家の近く)

2009年7月28日火曜日

新しいこと

こんにちは

今晩も風がきもちいいヨルダン マアンより

活動期間が11ヶ月をきりました。

かといって何か目新しいことが活動で、、まだ起こりません。

でも、今日はいつものセンターとは違う一応「ビレッジヘルスセンター」で活動をしてました

人がいないから、という理由なので、完全なマンパワーですけどね

半日いて、来所者は全部で20人程度(今日はお医者さんがいるからという理由で)

母子保健の理由で来た人は5人。

いつもどおりのサービス提供でおしまい。

こういうセンターで何ができるのか。。課題です。




最近はじめた新しい事・・・・マアンで英会話教室☆

ヨルダン隊員もびっくりだろうな。マアンで英会話。

マアンにすんでる限り英会話とは程遠い、、、アラビア語ができなきゃ暮らせない街で

女子高生の友人に誘われて通いはじめました

授業は、簡単なんだけど、、、、、

先生が、いちいち英語→アラビア語の訳を聞いてくる。

難しい。    日常会話で使わないでしょ!!それ!!

今日も、わかりません。の連続。


あと、困ったことは、発音がちょっと違うから、P→Bだったり、R→舌を巻いてRUの発音をする、ちょっと聞き取りにくい。そして、他の生徒からしたら私の発音が聞きにくいんだろうな。

で、先生には「アラビア語がなんで完璧じゃないんだ??マアンで暮らしてるのに何で??」
って毎回聞かれる。。。

そう、そのとおりですけどさ。

ここで勉強します。っていつも言う。

あと数回頑張って通いますよ。




おしまい

2009年7月20日月曜日

観光客③

先日の日記の続きです

観光3日目


朝からしっかりご飯を食べて、タクシーをチャーターして向かった先は・・・


「ジェラッシュ遺跡」


ローマ時代の遺跡です。

友人のヨルダンで行きたいところ②でした

入り口のお土産やさん みんな口をそろえて・・・「俺、日本人(女)知ってるぜ。ジェラッシュの〇〇にすんでるだろう」 といいます。 彼女はもちろん同期ジェラッシュ隊員のS子。有名人

いや、この日くらいから・・・実は声がかれていました・・・

ヨルダン人とアラビア語・・・常に大きな声でしゃべったり、すぐ喧嘩にいたってしまうので、声がかれてしまいました。

日本にいたときは、大好き十五夜祭りの後くらいにしかかれなかった声が・・・日常会話でかれてしまう
ドンだけ、エネルギーを会話に使うのか?



この日、この時期には珍しく雲のかかった晴れ

ジェラッシュ遺跡に、青空と雲

本当にきれいでした



友人  またまた遺跡にすんごい感動してました
     転がってる柱の石にいちいち感動して、 演劇上でどんどん上まで上がって喜んでました。
     
     「ルー〇〇〇の世界遺産よりすごいよ!絶対!!」

 
実はここ、世界遺産じゃないけど、こんなに喜んでくれてよかった

また喜ぶ友人を見て、満足


北劇場
春はここの周りが花畑だったけど すっかり枯れ草



神殿
この柱、実はてこの原理でなんと「動く!!」
暑い暑い観光


この3日間で、ヨルダン人のいい人にも会ったし、良いもてなしもうけることができて、ヨルダンをまた好きになったのが反面、悪い嫌いな部分も見えて、嫌いって思うことも多々あり


ま、でも、自分以外の誰かが
こうやってヨルダンに来てくれて、ヨルダン人とのふれあいを楽しんだり、いいところを見て喜んでくれたり


それを見ている自分も、やっぱりいい気分
そんな

観光旅行3日間


こんな時間を与えたくれた友人に感謝



ありがとう



おしまい

2009年7月15日水曜日

観光客②





こんにちは

先日の続きです

早朝から向かう先・・・ ぺトラ遺跡



これで3回目。。。来る時期と一緒に来る人でイメージが変わる遺跡

エルハズネ(神殿)につくまでに歩く道は、 岩の隙間  すっずしぃ

まだ団体客が来ないので、馬車も通らない静かなこの道 

こういうのっていい  ちょっと贅沢






そして、岩の合間からみえてきて、ついたところは・・・・

エルハズネ

らくだは早朝からお仕事ですよ

人のいないエルハズネ到着 でちょっと贅沢♪♪

友人はやっぱりウキウキしてた。すごいうれしそうに、いろいろ歩き写真を撮ってて、

感動してるのが伝わってきて、なんかこっちもうれしいわぁ

ま、あたしはそんな友人を座って眺めていましたが・・・




しかし 今日は、ここでとまってはいけない!!!


歩かないと!!!何ゆえ、この日の私の目的は・・・「エドディル」

遺跡の一番奥へ行かなきゃ行けない!!



歩け歩け




ちょっと ここだけは寄ろうよう! 「王家の墓」



と、ここで 運命の出会い☆

日本人一人旅バックパッカーのこうすけに出会った
「もしかしたらエルハズネを上に見るポイントに行くかもしれないから一緒に行きますか??」
と誘っちゃった。時間が間に合わないかもしれないのに;・;


で、歩け歩け

ここから2時間くらい歩いて 山を登って その頂上!!!!!



ここがエドディル

初めてこれた~!!!あーーーきれい!そして誰もいない!!!!

ボーーと眺める。そして、近くのロバに話しかける

この山に登るまでの間にもいくつかの露店があったり、この頂上にもカフェがあるけど、ここで働く人たちはみんなロバに乗ってここまで登ってくるんだよね。

あたしだったら、ロバの方が怖いかも・・・落ロバしそうなくらいの急なとこもあるし・・・

そして、ここから降りて、昨日遊びに行ったサウーデの息子のムハンマドとおしゃべり

昨日のお礼も含めて、彼のロバに乗ることにして、一緒にエルハズネを上からみるポイントへと。。。。

もちろん、新メンバーこうすけも一緒に♪♪ 

ロバとムハンマドと山を登ること1時間・・・・

着きました!!このポイント


きれい!!!でしょ

初体験のお二人は、ここは多分知らなかったらこれないから、一人だったらこれなかったぁ。と

良かったです。



みんなでおしゃべり~

ムハンマドともおしゃべり~ 

楽しかった☆


ゆっくり山を降りてきて、

さらに、ムハンマドのおばあちゃんがいるから、挨拶をしよう、ということになって

おばあちゃんに挨拶を☆ ちょうどお祈りをしていたんだよね。(ってことは、1時ころか・・・)

ジュースをのんで、またゆっくりエルハズネを見て。。。






久々のぺトラを満喫~

全部回ってぺトラを出たら、もう7時間くらい経過していた!!!! 

長いこといたもんだ。 

楽しかった~♪♪♪



そうそう、今回はちょっといつもとは違って子供たちにたくさん話しかけてみた。

まだ観光客も少ない時間だったし
店の開店準備中。 大人は?? → 「お母さん死んじゃった」 (ほんとに??)




2歳ちょいの男の子  やりとり遊びが上手☆すんごい目やにが出てて気になったけど・・・




3歳になった男の子。ジュースを飲んで、おしゃべりも上手。すんごいハエが止まってたけど、すんごいいい顔で笑う子だったわ。
写真は、ぺトラの中にいた子供たち。
親の仕事で一緒に来ているコ、親の代わりに働いているコ・・・・
今は夏休みだからとっても多いけど
ここで働く子供たち。。。。大人も。。。。
就学率は低い。
だって、学校に行かなくても 英語がしゃべれたり、フランス語が話せたりするもん。
それの方が、商売=お金になるでしょ
ね。
彼らの住む村には、ちゃんと学校もあるんだけどね。
そして、その村は、遊牧をしてぺトラの遺跡の中に住んでいた彼らを定住させるために作られた村
また遊びにいけるかな~
おしまい

観光客①


こんにちは

ギラギラ、ヒリヒリ さすような日差しのヨルダンです

夜は日本のように暑くなく気持ちの良い風が吹いてきますよぉ




先日、同じく中東圏で働いているお友達がヨルダンに仕事の関係でくる 且つ ちょっと久々に休暇を取れるので 「ぺトラにいきたい!!!」  と。

ということで観光に行ってきました

ワディムサ

アンマン~タクシーをチャーターして。。。すんごい安くてびっくり!
これ、ムサの入り口にある「モーサの泉」
すごく古くから沸いている水で、古くはぺトラまでしっかりと水を供給していたとのこと


で、ここで遊んでた子供に、水、もらって飲んじゃいました。(おなか大丈夫でした)


で『夕日をぺトラで見たい』というリクエストに応えるべく。。。夕方ぺトラに着いたものの・・・・

入り口、チケット売り場がしまっていた (ホスト失格だわ・・・)


案内の人にどうしてもだめかしらん?とアラ語で頼んでみるも


〝明日来なさい〟



そのまま日が沈むまでぼーとしてようか、と思っていたところに・・・・

ぺトラの中で馬をつかって働いているベドウィンが通りかかり


「馬に乗らないか?馬にのって夕日を見に行かないか?」(英語)


 もちろん、友達は「YES」

 

日本で働いてて、夕日がおちるのを眺める、なんて贅沢なことできないもんなぁ


値段交渉をして、馬に乗って、夕日スポットまでいく!!!







~今まで知らなかったけど・・・たくさんの夕日スポットが谷の斜面にあった。ワディムサ~


もしムサに行く人は、このスポットに行くのもおつかもしれないですよ~


そこでそのまま、彼らの村へお茶を飲みに行くことになっちゃって
(この時点でうすうすやばいと思っていたけど・・・)

「ご飯を食べていきなさい。」


ということで、夕食をごちそうになることに。



友達は英語班。 英語を話せるサダムフセイン(これ本名)と一緒にすごし


あたしは例のごとく、女子と子供と一緒に遊んでテレビを見て過ごす




実は、このとき、初めて「空手」と称して、ちょっとパンチの練習を子供にさせてみた(>▽<)


大うけ











ご飯 「マクルーバ」 いただきました。ご馳走さまです。




おいしかったです


今まで食べたどこの家のより、油が少なくて夕飯にたべても大丈夫な調理法。だから、この家の人たちはやせてるのかしら。。。いや、それだけじゃないと思うけど・・・


そして、この家、あんまり水がない。

トイレにしか洗面所がないから、手を洗うのに、水差しと桶を家族が持ってきてくれて、食前食後は、それで手を洗う。 こういう家、初めてではないけど、、、ちょっと貧しいのかな。



「サーラ(あたしのあだ名でアラビックネームです)はまた来る機会があると思うから、

今度来るときは連絡をしなさい。家の母の家に連れて行くから、好きなだけそこで過ごしなさい。

気候も良いし、子供たちも一緒に行けるから喜ぶはずだから。」

「はい。わかりました。」



はい。では、次回。


取り合えず、明日ぺトラで会いましょう!


مع سلامة(さようなら)



お家を跡にしたのが、もう11時。

わかってたんだよ。帰ったらもう12時。いつもこういう展開で、疲れちゃうの・・・



でも、友達のあのキラキラして喜んでる表情を見てたら断れないよな。


で、自分も思い出した。去年、友達のおうちに呼んでもらって料理を作ってもらったとき、家族と過ごしてすごい楽しかったこと、、、、

こんなこと、日本でもない!

こんなに親切にしてもらって申し訳ないというくらいのおもてなし。

ものすごいあったかさ。。。。友達もそれを味わえたのかもしれない。

そして、自分の中で、ヨルダンのこういう生活が普通になっちゃってることにも気づいた。

感謝の気持ちや感動を忘れたわけじゃないけど、むしろ日常になっていることに幸せを感じ、周りにいる友達にさらに感謝の気持ち。

さて。

明日は早朝からぺトラ入りだ!!!

続く・・・・

2009年7月9日木曜日

maanにて オンムマハムッドの家

こんにちは


マアンです。 7月に入って、少し涼しい日が続いていましたが、ついにきました。
暑い!!!! 夜も暑い!!! 夜も気温が20度を下回りません

今日は、またまた食事の話。
先日、アンマンに行くまでのセルビス(乗り合いタクシー)で、一緒になったマジダ
彼女は、マアン市内のほかの保健センターで働いていて、
たまたま昨日、うちのセンターにきていて、たまたま話をしたら

「昼ごはんにきなさいよ」

この言葉、”基本、断らない!”をモットーにマアンで生活をしているので、
もちろん行くことにして、
今日行ってきました


今日の料理

クーサーマハーシー(ズッキーニに米と肉を詰めてトマトソースで煮たもの)


コフタ バンドーラ(羊肉のハンバーグをトマトソースで煮たもの)


タッブーレ シリア風(イタリアンパセリを使ったサラダ)


このメインが2種類もある昼ごはん

シリアから、娘が子供を連れて里帰り中だったったたし、
学校は夏休みだったし
手の込んだ料理を姉妹で作ったそうな


☆☆☆☆とってもおいしかった☆☆☆☆

皿に盛り付けてくれた分は、しっかりいただいちゃって。



その後、日本の紹介。
写真を持っていったので、日本の結婚式の様子や家族のこと、町のことなどなど
しゃべって写真を見せる。

やっぱり女子は結婚式がすき!!!

結婚式の写真には反応が大きい!
ぜひこれからヨルダンに来る方は、結婚式の写真をもってきてくださいね♪



その後は、
大音量で、踊ったり、踊ったり、
友達がきて、また果物食べながらおしゃべりして、
ヨガを教えて
帰ってきました・・・・・




で、やっぱり今日気になっていたこと

マジダの娘の子供たち
男の子8歳 女の子5歳



すんごいちっちゃいの。そして、異常に細い。
たべる意欲に欠ける。ほとんどたべないし。

男の子は、母親にあんまり話しかけない。そして、あんまり笑わない。写真では、作ってくれた。
下の子が母親に話しかけても、母親はあんまり対応しないし、 彼女も母親に遊んでもらったり、欲求を満たしてもらうことをすぐあきらめる。
私が一緒に遊ぶとニコニコ笑って、一緒に踊りたがったりするけどさ

ってことで、自分が日本でこの親子をみたら、アレ?ネグレクト??

そう思ってみてしまったら、本当にそう見えてくるし。


でみ、ここじゃ、誰か家族が面倒を見えてくれるからいいか、みたいなところもあって
こういう風に育っていく子供も多いのかもしれない

けど、やっぱり、
子供が遊びの途中であきらめたりするのはよくないわ



なーーんてさ。 ちょっと日本への回想





昨日からちょっとへこみがちだった気分。(本当はかなりへこんでたけど)
今日の訪問で、すごい癒された
やっぱり、おいしいものをみんで食べるっていいことだ!!!!




結局、いつも食事と人に癒されている私です。

おしまい

2009年7月5日日曜日

7月3日 金曜日

誕生日を迎えました!!

ヨルダンで2度目の誕生日




前日、首都のオフィスにて中間報告会があり、
同期隊員が集合
1年記念をしようということで、
イタリアン料理のお店「CENTOR」にいってきました。
久々にイタリアワインに、パスタにピザを食べて、いやいや満足

あと1年頑張ろうね~!!!

なんていってたら こんなサプライズ!!!!!!




ホールケーキのプレゼント!!!!
ちょーーーうまい料理のあとに
あまーーーーいチョコレートケーキ☆ すごいおいしかったです

みんなありがとう


そして、実は、報告会の前日 首都にいたわけですが
そのときの夕食に、友人にカレーをリクエスト!
そうだ、この日の昼間は、アラビー料理レストランでたらふく食べたにもかかわらず、私は、カレーをリクエストして・・・
そのカレーを食べ終えたら
これ



手作りチーズケーキ♪♪
ケーキ作り初挑戦っていってたけど、おいしかった♪

ありがとう

もちろん完食!!




そして、当日の話。
当日は朝からテニスに参加。企業の人たちにもおめでとう、って言ってもらって、
さらに、友達がこれ



ポールのケーキのプレゼントをしてくれました。
マジで、ここのポールのケーキはおいしい!!!! 
しかも3種類のケーキをプレゼント!

本当おいしかった!!!!

いや、日本にいてもこんなに祝ってもらえないよな。

ヨルダンに来て1年。
ヨルダン人の知り合いも増えたけど、
日本人の知人・友人が増えて、本当にいい人たちに囲まれているな~
って実感できた誕生日でした。
おいしいケーキがたくさん食べれて 本当幸せ


ちなみにヨルダンの普通のお菓子屋さんのケーキは大嫌いです



明日からまた頑張ろう


おしまい