2009年5月28日木曜日

夏休み

2日ぶりの外出  活動に行ってきました

活動中、、、、青色の制服を着た小学生がセンターに来てた

こんな時間に?  まだ10時になったばかり
この子は休んできたのかしら??


ヨルダンの学校は 8時~13時半(近くの男子小中学校はこの時間)もしくは14時(友達の女子高)
学校に行かない子もいるし(路上でふらふらしている子供がたくさんいる)、学校を休んで親と過ごす子もいる(女の人ひとりで出歩けないから、大きい子どもとともに出かけるのかもと推測)。

義務教育は日本と同じく9年間 
就学率は95%以上(本当か?!)


で、活動がえり、
すぐそこの男子校の周りに子供がいない!!!

同僚に なんで? って聞いたら
もう今日が終業式

てっことは。。。。。


これから ながーーーーーい夏休み

6月から9月までヨルダンは夏休み!!!

ながーーーーーい


ってことは。。。。。
活動先に行くまでのみちのりで 子供に絡まれる回数が格段に増えるわ・・・・
いやぁ  億劫。。。。


そんなことを思いながら 帰宅。
大家さんちの一番下の娘が玄関先にいて、 
ちょっと見ない間に スマートになってた!! ラマダーン中(昨年9月)すんごい肥満児だったのに。
学校に行くっていいことだ。
きっと、嫌いな運動だってやらなきゃいけないし、友達と遊ぶだろうし
あーーーよかったね
夏休み中に彼女がまた太らないことを願うばかり・・・・

夜のヨルダン

夜のヨルダン マアンは肌寒いくらいの気温です。
砂漠です
温度を保つための湿度がないからですよね。


ここ2日 自宅に引きこもっておりました

理由は

おとといの夕べに起こった 突然の体調不良!!!

なんで!?!?!?!?!?!
と思いながらベッドの上でうなり、トイレと床(しんどくてベッドに上がれなかった)を往復
そして発熱!!!朦朧とする意識の中で、こりゃ食中毒に違いない・・・とおもいつつ、体温を計ってみると

げ、 38度


突然の38度以上の高熱!!!

インフルエンザか!?


全身の筋肉通、おなかの痛さ、頭痛


ベッドから起き上がるのもやっとで、へろへろ・・・
日本から持ってきたスポーツ飲料の粉末を水に溶いて少しずつ飲み、ほっとしてまた寝る
これだけで、日が暮れた。

病院にいく?
って思ったけど、
ここマアンの病院、本当にヨルダン人ばっかりなもんで
外国人が来たら(たまにいってますけど、付き添いで)注目のまと!
なので、この体調のわるさにあの感じの悪さは耐えられない!
ということで、行かなかった


インフルエンザだったらどうしよう・・・
そうそう、先日の旅行で西洋人の旅行者と交流があったから、もしかしたらその時に感染してた?
悪い妄想は グルグル頭を駆け巡り

またぼーーーーーとしてくる

寝る直前、
頭をすんごい勢いで鈍器で殴られたかの如くの頭痛!!
これは死んでしまうかもしれない!!
と恐怖に襲われて


任地に一人しか隊員がいないことを
この日ばかりは、本当に切なく、頼りなく、心細く思ったのでした。


そして本日
目覚めると 頭痛。 
しかし熱は引いてたので、よかったよかった。
でも今日も安静に・・・・・

昼には体調が回復して、もう、動くのもなんともなくなって
久々にシャワーも浴びてすっきり



あーーでも、昨日は死ぬかもしれない
って本気で思って、わざわざ友達にも連絡しちゃって・・・・(大げさ)

結局原因は分かんなかったけど、たぶん食べ物。
でも、結局わからんのよね。  まいいか 今元気だし ^-^

熱が出たりすると気づくんだ 僕には体があるってこと~♪
って歌詞の歌があったけど、まさにそのとおり
「健康って大事」 
また気付かされました。
そして、私は任地に一人。
まずは、健康でいることが大事だな~

2009年5月26日火曜日

エコロッジ

こんにちは

ヨルダンは、なかなか日差しが強くなって来ました
日中の気温は30度近くまで上がり ジリジリとした太陽に射されてます


そうそう、先週末 ヨルダンは「独立記念日」ってことで、日曜日もお休みになって 3連休!!

そして、また観光に行ってました

今回は タフィーレ県グエーグラ村の「フェイナンエコロッジ」へ
エコロッジ、ってことで ソーラー自家発電とろうそくの火で過ごす
そして、食べ物はローカルフードで、しかも野菜と乳製品。肉はなしで!
っていうロッジでした

隊員と友人合わせて22人で、ローカルバスを貸切にして
アンマンから約3時間
















ワディになっているところに建てました。 近くの村からはジープの荷台に乗って30分


いちいちかわいらしいロッジの作りにうっとり
お部屋の準備ができるまで、1時間の間に持参してきたお弁当を食べて
本当  遠足気分






















これがお部屋
網戸のない窓
蚊帳つきのベッド
お姫様気分☆


着いてすぐは暑すぎて

トレッキングどころではなかったので
さっそく昼寝

暑い暑い





















そしてトレッキング!!

途中、みんなで「だるまさんが転んだ」を
大盛り上がり。
通りかかりのベドウィンの親子もはしゃぐうちらに釘付けでした


















途中 ラクダもいたり、ロバとベドウィンに会ったり

そして、先週 一時的に降った雨により
流れた川の跡がしっかりと残ってて、

そこにきれいに花が咲いていた

緑もとってもきれいだった






















帰ってきて夕食
ろうそくの明かりの下おいしい夕食をいただく

その後、同期隊員のMちゃんの誕生日会
宴は深夜まで続き・・・・

満点の星空
流れ星
いい仲間とたのしいおしゃべり

満足








夜中…暑くて眠れない!!!










翌朝早起きして、近くの岩山で朝日を拝む




 願い事・・・・










ロッジを後にする

スタッフが見送りに扉のところまでやってきてくれた






帰り道・・・・

これがベドウィンの住まいです。テント

2009年5月12日火曜日

リョウリとカラダと




ヨルダンでも日本の料理が食べれます(作れます)



おいしいヨルダン料理もあります。 


半年目の健康診断 

やっとすべての結果が出ました。


結果。。。。



協力隊応募時の健康診断より良くなったのは・・・・


Hb値   たくさんたべているので貧血改善


>気になったところ・・・・


① 体重。  3キロ増えた


② コレステロール  日本だったら、*印がつくかもしれない(げーーーー)


日本にいたときよりも、肉を食べる機会が増えている今日この頃。


何故、週に1泊以上は現地友人宅に泊まり、昼御飯に鶏肉か羊肉。(今日も羊肉食べた!)
週末は首都でおいしい料理を食べる
自炊だけだったころ(去年の夏)は、体重も増えず肉も食べず任地で過ごしてたけど
今は、任地でも人の家でごはん。首都でも、人の作ったものをいただく生活。
いいことよね。
人間関係ができてきたってことだし。



でも、このコレステロール値にはびっくり!
気をつけよう。


砂糖と油。 野菜を食べよう。


料理と体。


運動と体。


バランスが大事よね。





2009年5月6日水曜日

大型連休

 こんにちわ

 日本は大型連休! だったみたいで、何をしてすごしましたか? 
 うーーん、日本にいたら何をしてたか????

 日本の生活が想像がつかないです 


 ここ最近、週に1泊2日、もしくは2泊3日、同僚モナの家にお泊りに行く「プチホームステイ」が日常になっています。 
 今週も、2泊3日してきました。
 特に何をするわけではないんだけれど、彼女の家族(妹2人とお母さん)と過ごすだけ。
 一緒に御飯を食べて、テレビをみたり、ネットをしたり、昼寝をしたり・・・・
 本当、普通に過ごすだけ。
 ご飯も毎回違うのを作ってくれるんだけど
 すでに日常と化してしまっていて、写真を撮るのも忘れてしまうんです。

 
 こんな風に接してくれるヨルダン人に出会えたことを アッラーに感謝だわ!!
 
 

2009年5月3日日曜日

新型インフルエンザ

WHOは豚インフルエンザの名称を次のように変更した。

インフルエンザA(H1N1)。

これに伴って、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)などは、この病気のことを

H1N1フルー ( H1N1 Flu ) という略称で呼ぶようになった。



日本の空港での水際対策はけっこう厳しい      って日本から来た人が言っていました


今日、ヨルダンでは大使館主催の新型インフルエンザの説明会がありました

ヨルダンでは、今のところ発症者0人です。

陸路おとなりのイスラエルでは3人の感染者が確認されています。

誰も発症していないからこその開催らしいです

ヨルダンの対策は・・・・・私的にはイマイチすぎです。。。。。

やるといってやってない現状が・・・



ネットで調べても今回のインフルエンザ、ウィルス自体の毒性は弱いとのこと

説明会でも普通のインフルエンザ対策が大事と




もしヨルダンで発症したら・・・地元の病院へ?

不安。ちゃんと看護をしてもらえるか??????


ここで発症したら。。。。ひとりで何とか生き延びなきゃいけない。(同じ地域に今のところ一人なので)

結構きついかも・・・



今年1月おそらくインフルエンザを発症

たまたま首都の隊員連絡所で発症したため、39度の熱が続いて体中が痛くても、ほかの隊員が作ったご飯を食べたり、買い物をしてもらったりしてなんとか過ごせ、治癒。


あのことを思い出すと・・・まずここで一人だったら買い物に行けない。食べ物が・・・・・



お米とお水を備蓄しておかなきゃ。 

これさえあれば数日は、ごはん食べれるし。梅干しにのりとふりかけと

たまには大家さんにも連絡をしておかなきゃ




怖いですね。

目に見えないし。

スペイン風邪のことを考えると、流行は今回限りで終わらないのではないかと考えられます。

いったん終息→数ヵ月後にさらに感染者数、致死率とも高くなって再度流行

という予測もされてます。

みなさん、かえったら手洗いうがいを!!!