2009年4月29日水曜日

昭和の日

 日本は 昭和の日 で祝日ですね
 
 ここのところ体調がすぐれず 本日は活動を休みました

 ヨルダンにきて早10ヶ月を過ぎました

 なかなか上達しないアラビア語を使い なんとか生活している日々ですが、

 イスラム教について否応なしに知識が増えていきます

 

 先日、同僚モナが一緒に出かけよう、と。
 活動が帰りにマタアム(レストラン)にいって

 鶏:2羽  米(豆入りのボハーリという炊き込みごはん):2キロ×2袋  を購入



 これをもって行った先は

 貧しい人の家(もちろん彼女の知り合い)
 1件目 子供はたくさんいるが、父親は働いてない。収入源がよくわからない家(おそらく生活保護)
 2件目 父母とも病気で働けない、姉妹3人中1人しか就職していない家。1か月の収入が100JD(14000円位。ヨルダン平均250JD/1世帯くらい)

 彼女はこれをその家族の昼御飯のために用意し家まで持っていった。

 イスラム教の行い 「喜捨」 

 

 彼女いわく、喜捨をするときは自分と貰った人だけがわかればいい。
 だから、周りの人には自分が食事を届けたことを言わなくていい。
 行いは必ずアッラーが見ているから。
 そして、なにより、もらった人がもらったということを分かったら、恥ずかしがったり、後ろめたかったりするかもしれないから。
 内緒ですることに意味がある

  お金がある人はない人に分け与えなければいけない。

  たくさんものを持ちすぎない。
  

   
  
  で、彼女に聞かれたこと
  仏教はお坊さんに、お金や物をあげたりするのはなぜか?
  なぜお坊さんは、自分で働かない(稼がない)のか?
 
  説明できません。。。
 


 
 昭和、
 昔は、人にものをあげたり食べ物をあげたりしていましたか
 見返りを求めないで

   
  

2009年4月16日木曜日

エジプト旅行

 エジプトに行ってきたことをそろそろまとめようと思います



 3月27日から4月4日までの9日間 



 同期女子隊員5人で ( 6日間はみんな一緒に行動 )



 

 ① カイロ 考古学博物館…ツタンカーメンの黄金のマスクや宝飾品を目の間に圧倒される



 ② リビア砂漠でキャンプ…これがまた凄かった!! 



 ヨルダン ワディラムとはまた違った風景が広がり、 白砂漠の白さにびっくりして、黒砂漠も本当に黒いと感心(写真右上:黒砂漠、右下:白砂漠)



   地平線に沈み、地平線から上る太陽(写真 左上:夕日、左下:朝日)

    

    
    

 ③ アスワン、アブシンベル・・・怒涛の行程!!
  12時宿着、朝3時半ツアーに出発~5時間のワゴン車での移動~ 

   アブシンベル大神殿でラメセス2世の自己顕示に圧倒される。本当に彼の彫刻ばかりでした   このアブシンベル神殿は、ダムの建設によって、水中に沈むところをユネスコによって救われた遺跡。で、しかもこの遺跡を救うためにたくさんの寄付が集まったことで注目された遺跡だそうな。

  アブシンベルツアーを終わり、この日のうちにルクソールへ移動。

  豪華寝台列車の旅!!

  ナイル川沿いを走る鉄道に乗り、5人とも大興奮!! 
  
  ヨルダンでは乗れない電車  ヨルダンでは見れない農園ばかりのナイル川沿いの景色
  
 ナイル川の向こう岸に沈む太陽がまたとてもきれいでした


④ ルクソール観光
  王家の谷へ。 ツタンカーメンのミイラに会ってくる!!
  いや、ほんとにミイラだった。  真っ黒で、でもきれいに残っている。で、そこにいたスタッフが、アラビア語でツタンカーメンの説明をしてくれた

 ツタンカーメンは、王位継承の問題から19歳の若さで殺された。 ミイラにもしっかりそのときに刻まれた首への傷を見ることができる。(そこが壊れてる) で、お墓の壁画にその殺した人(名前忘れた)がちゃんと描いてあった。(彼の説明がなかったら気づかなかった)
 そして、ミイラがあの仮面と一緒に発見されたとき、胴体にもきれいな黄金の宝飾がしてあったが、それを発見者がはがしてしまい、さらに、3日間外気にさらしてしまったため、今、ミイラの腹部はぼろぼろになってしまった。 きれいに残っていたのは、首から上と足先。

 でも、こんなにきれいに人間が死んでから残るなんて、やっぱりすごいよ エジプト文明!!
 
 その後、他の墓も回り、アラビア語で説明してもらう。で、葬祭殿にもいき、
 川を渡り、ルクソール神殿へ。 ここには、スフィンクスどおりがあり、こまいスフィンクスが道をはさんで並んだとおりがあった。おもしろーい。 いずれ、これがずーとルクソールの街中に通る予定

 で、この日の夜、みんなでスーク(市場)へ!!!
 お買い物
 いちいちぼってくるエジプト人に、負けずに交渉をするわたしたち!!
 Tシャツ一枚300円で買えました☆ ほしいものが結構ほしい値段で買えた!!


⑤ ハルガダへ!!

⑥ ハルガダで紅海ダイビングをする!! 
 本当きれいで、きもちいい!! イルカもそばに居たらしい
 船で沖にでてのダイビング!  本当、紅海ってきれいです。 
 
 この日の夜は、紅海で取れたシーフードをたらふく食べ、おじさんばっかの喫茶店で、女子2人、コーヒーに水タバコに国際交流!!


⑦ハルガタからカイロへ
  同期エジプト隊員と一緒に韓国料理やへ。

 焼肉を食べる!! うまい!!  豚肉うまい!!!  ムスリムにはなれないわ

 
⑧ カイロ。 ピラミッドめぐり
   
  エジプト文明はすごい!! この石どうやって積んだの??って感じでした。
  





                 スフィンクスでかかった




                 階段ピラミッド 初期のころのやつです




                 スフィンクスポーズ!!ってやってたら、後ろのアラビーも真似してた

 おまけ: これ、エジプト名物?!コシャリ。60円くらいの食べ物
       米、パスタ(数種類)と豆、揚げたまねぎと上にトマトのソースをかけて食べる。
       これを食べておなかが痛くなった ヨルダン隊員が多い中、
       わたしたちの誰一人とそんなことはなく、 
       本当においしくいただきました☆



   本当楽しかった エジプト旅行。
   
   本当においしかった エジプトの料理・・・ヨルダンにもこの料理の味のバリエーションがほしい。
   
   ずっといきたかった国へ いけて本当よかったわ~
   22歳の時に読んだ本に影響され、本当にいってみたいと思った国
   そんな国へ  アラビア語をしゃべれるようになっていけてよかった。
   じゃなかったら、
   この国の何もかを不信に思え、たぶん旅を楽しめなかったかと・・・
  
   
    これを励みに。。。。とおもってた活動。
   しかし、楽しすぎたたびの代償は多きい。
   がんばれわたし






















2009年4月12日日曜日

死海マラソン

本日も強風の吹き荒れるマアンより 

砂漠は冬から春にかけて本当に砂嵐がある見たいです。 

ここ最近は週に1回は砂嵐の日があります。  

本当は、砂嵐の後はちゃんと家の中も外も掃除が必要です。本当は。。。。
いや、、、あたしは、、、
  

最近の出来事

実は3月末からエジプトに旅行に行ってました
本当に楽しかったです(このことはまた後日書きます)


で、帰ってきてすぐの週末だったこの金曜、土曜日・・・

土曜日4月10日  死海マラソン
10キロコースに出場しまた
エントリー料金 13JD ・・・・・ ゴールは死海ビーチ!!
ってことで、10キロコースは1000人以上の参加者だったらしいです
ヨルダンの若い男に女子にたくさんいました
13JDで死海にいけたら安い!!
集合時刻 朝5時半 
集合場所には半端ない人!!!で、収集つかない係員がしきりに、ハーフ、フル、ウルトラのコースの人を誘導、10キロコースの人は最後に集合場所からバスで出発。7時半過ぎ。。
そして 9時半ごろ なんとなくスタート
死海沿岸の道をずーーーと走る。 
途中、らくだが近くを通ったり、
シーシャ(水タバコ)を吸ってる人が居たり、
車からアラビー音楽ガンガン流れてたり、
道のど真ん中でシャバーブ(若者)が座り込んでいたり
日本の大会では目にできない光景も多々あり
どんどん暑くなる中、終始楽しくて仕方なく、写真も撮りながら、 無事完走!!!




完走後、しっかり死海にも浮いてきましたよ~
また来年