2009年1月4日日曜日

2009年になりました

あけましておめでとうございます

ヨルダンより 2009年がみなさんにとって素敵な年になることを祈願しています



2008年12月31日~2009年1月1日

ヨルダン南部 ワディラム にいってきました

年越しと初日の出をヨルダンならではの土地で!

ということで、同期隊員5人と職員1人でヤッラ ナルーハ!!

実は10月に初ラムに行って(画面右のスライドショーがそのときの写真)

かなりはまった20年度1次隊のみんなで 寒いのは覚悟でラムに

マアンからバスで1時間くらいでワディラム分岐点につき、そこで、どうやってラムに行ったらいいかを同じバスから降りた女子大生に尋ね、バスが来るのを待つ。

やっときたアーディーバス(ヨルダン人が使う普通のバス。観光用ではない)に乗り込み、ベドウィンの子供と携帯ゲームに盛り上がる

みんなが到着するまで、ボケーーーーーっと過ごす

みんなと合流;;;イスラエルとガザのことがあったからか、警察チェックがところどころで行われていたらしくいつも以上にアンマンから時間がかかったって。

予定より遅く、出発!!


さぶーーーーーーい!!!
気温5~7度くらいの中を屋根なしトラックの荷台はしんどい!!!!!!
けど、早くテントにつかないと日がくれるよ!
と6人とも必死で我慢。


やっとテントについて、日の暮れるのを岩山の上でじっと待つ。

2008年、いろんなことがあって、いろんな人に出会えて、いろんなことに感謝した年だった。

 何より「健康な身体を授けてくれた両親がいたからこそ 今の私の感動がある」
 というのを実感できた年だった
    
 フルマラソンも協力隊もヨルダンも  健康だからこそできたことだよな
      

      ”ありがとう” 
 

  ぼーーーーと1年を振り返った。
      

ヨルダンに来て知ったこと 

夕日は結構早く沈んじゃう。 太陽は思ってるより早く動いていること。

太陽が動いてるんじゃなくて地球が動いてるってことを感じる

日が暮れた後は、何もせず、ただおしゃべりをして、夕飯を待った。

一緒のテントにポルトガル人の女性2人と女性ガイドもいて、一緒にしゃべったり、写真とったり、お茶を飲んだりして過ごした。

時間がこんなにゆっくり過ぎていくこと 

真っ暗中 火を囲んでゆっくり過ごすこと   本当に気持ちのいい時間

夕食をたべてからは、宴会!!!

みんなが持参したアルコールを飲みながら、お誕生日会をして≪12月31日生まれと1月1日生まれがいたので≫ また、アルコールを飲んで、年越しそばを食べた

ここまできて年越しそばかよ!!ってかんじだけど、一緒にいたポルトガル人女性もよろこんで、「ヨルダンで日本文化を味わうわ!!」 とおそばもたべてたし、よかった

そして  2009年 へ

砂漠の向こう側から花火が!!! 





2009年1月1日 

6時に起床し、日が昇るのをじっと岩山の上で待った

日が昇って光の量が増えると周りの砂漠の砂、岩の色がどんどん変っていく

もう、それはそれは素敵な光景

そして、初日の出を拝み

2009年のお願い事を

その後、午前中にラム観光☆ 

行きたかったスポットにはいけなかったけど、 やっぱり飽きないラム

自然の作り出したものはあきないんだな



とういことで、ヨルダンらしい土地での年越しをしてきました!

その後はアカバ(海の街)で刺身を食べ、首都に行きかえってきました



金曜日1月2日の首都

人がぜんぜんいない、お店が閉まっている、ダウンタウンは閉鎖され、集会がいたるところで開かれていたようです。これも、お隣のイスラエルとガザとのことに対する抗議のため。

浮かれて過ごした年越しから一転、自分がいるのが中東なんだった、ということを思い知らされた金曜日。

世界が少しでも今より平和になりますように。 子供たちが安心して生活できるように。