2009年5月3日日曜日

新型インフルエンザ

WHOは豚インフルエンザの名称を次のように変更した。

インフルエンザA(H1N1)。

これに伴って、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)などは、この病気のことを

H1N1フルー ( H1N1 Flu ) という略称で呼ぶようになった。



日本の空港での水際対策はけっこう厳しい      って日本から来た人が言っていました


今日、ヨルダンでは大使館主催の新型インフルエンザの説明会がありました

ヨルダンでは、今のところ発症者0人です。

陸路おとなりのイスラエルでは3人の感染者が確認されています。

誰も発症していないからこその開催らしいです

ヨルダンの対策は・・・・・私的にはイマイチすぎです。。。。。

やるといってやってない現状が・・・



ネットで調べても今回のインフルエンザ、ウィルス自体の毒性は弱いとのこと

説明会でも普通のインフルエンザ対策が大事と




もしヨルダンで発症したら・・・地元の病院へ?

不安。ちゃんと看護をしてもらえるか??????


ここで発症したら。。。。ひとりで何とか生き延びなきゃいけない。(同じ地域に今のところ一人なので)

結構きついかも・・・



今年1月おそらくインフルエンザを発症

たまたま首都の隊員連絡所で発症したため、39度の熱が続いて体中が痛くても、ほかの隊員が作ったご飯を食べたり、買い物をしてもらったりしてなんとか過ごせ、治癒。


あのことを思い出すと・・・まずここで一人だったら買い物に行けない。食べ物が・・・・・



お米とお水を備蓄しておかなきゃ。 

これさえあれば数日は、ごはん食べれるし。梅干しにのりとふりかけと

たまには大家さんにも連絡をしておかなきゃ




怖いですね。

目に見えないし。

スペイン風邪のことを考えると、流行は今回限りで終わらないのではないかと考えられます。

いったん終息→数ヵ月後にさらに感染者数、致死率とも高くなって再度流行

という予測もされてます。

みなさん、かえったら手洗いうがいを!!!

0 件のコメント: