2008年12月19日金曜日

家庭訪問

活動です

毎日妊婦さんやこどもの注射、、保健センターでの活動

同僚がだいぶ前から「家庭訪問に行くから、いくときはついておいで!」っていってた

今日、その家庭訪問の日

実習生全員が行く    

しかもバスで行く 





家庭訪問なのに何で???ヨルダンは客室が広いからこの人数でも大丈夫なんだろうか



っておもってたら、ついたのは「養護学校」

で、何するのかとおもったら これ


施設見学。 
生徒が何をしてるのか、どうやって情報管理をしているのか、とか、そんな話を学校の先生がしてくれた

ヨルダンで養護学校を見るのは初めてだったので、まあ、勉強になった。





だけど・・・・

私が日本でしていた家庭訪問とは 遠くかけ離れた 家庭訪問

ヨルダンに来て、日本とここが違う、あこが違う、なんで?って思うことが多かったはじめの頃

「違う」「違う」と思うことがストレスだった。。。

それを何とか受け止めて、今日だったんだけど

今に至って、また「違う」に出会った。

ううううん。どうしたらいいのか。

これは 看護の視点でする家庭訪問 じゃないと思うんだけど 

まあ、また土曜日に行ってみて考えよう。
 

0 件のコメント: