2008年12月13日土曜日

連休②

 おわり!!
 
 長かった連休 ほとんど家におらずお出かけ!!
 
 12月7日
 
 同期隊員4人がマアンに泊まりにきて

 マアンのムジャンマ(バス停)に迎えに行くと・・・「あれ??日本人???」

 珍しく日本人でヨルダンを観光中のNさんとYさんという方が!!!びっくりして、みんなで話しかけ、一緒に昼食をとり、一緒にマアン名物らくだの首の前で記念撮影

 この二人、口をそろえて「ヨルダンはもう来たくない!!」って(>_<) マジで?!



 レバノンやシリアを経由してきて、ヨルダン、、、ぼったくりとかよくない人が多いとか…  確かに、そうかも。 



マアンはそんなことないんだけどね。他の観光地はえげつないかも。。。  と、2人と別れ家に帰り、



夕食は、日本食!!肉じゃがにひじきの煮物、ご飯に緑茶にみかんに日本のお菓子☆☆☆☆食べながら、ガールズトークに花が咲く☆☆☆  





 12月8日 『犠牲祭』当日  



 マアン在住 よしこさんのおうちにみんなで早朝よりおじゃましました



 犠牲祭 羊を犠牲にする  

 

 よしこさんのだんなさんが、羊を絞めるところからずっと・・・

羊2頭が自分の目の前で、殺されて、皮をはがれて、精肉されていくのをただただ見ているだけ


すごかった。 すごかった。


日ごろ『命をいただいている』ということを実感


日本じゃ経験できない。 


食育って 野菜を育ててみる、料理をつくってみるだけじゃまだ物足りないよな。。。


命を食べてる ってこういう体験があるとわかるんじゃないかな、と思った


この羊・・・・3分の1;家族みんなで食べる  3分の1:親戚に配る  3分の1:貧しい人なんかに配る


と決まっている



で、もちろん、この羊を料理するわけ。


朝食・・・新鮮なレバー、ハツ、砂肝を炒め煮にしたもの


昼食・・・もちろん『マンサフ』!!


マンサフ作りをよしこさんと一緒にさせてもらって、肉を触ったときだったかな、、、絞めてからもう何時間もたった肉が、まだあったかい


動物の体が死んでから何時間もあったかいなんて、、、、今まで知らなかった



肉を煮込んでいる間、よしこさんのイスラム教やヨルダン生活にかんするお話を聞かせてもらい


できた!!!  マンサフ!!




今回ばかりは肉のありがたさを 噛み締め     


  ハンドゥリラ


M隊員は羊の様子を思い出しちょっと食べれないわ。。。と。



0 件のコメント: