2008年11月26日水曜日

朝ごはん

朝ごはん  アラビア語で「فطور」ファトール

ヨルダンの食事  昼ごはんが中心で、2時半か3時ごろに家族そろって食べる

てことで、ほとんどの職場がそのくらいの時間には終業する。もちろん学校も

朝ごはんは9時半~10時半くらいに食べる

夕ご飯は家にいるときは7時半~8時半、遅いと10時頃に食べたりする

一般的には。(あくまでも今まで行ったことのある家では)


最近、職場で人数も多いことから毎日朝ごはんを職場でてべています

朝ごはんのメニュー@ホブズ(丸いひらべったいパン8枚くらいで65円くらい)とホンモス(豆のペースト)とオリーブオイルとザータルにあまーーーいシャイ(紅茶。冬はシナモン入りが多い)

この写真は、ちょっと前に首都の食堂で食べたご飯。でも、このときは朝じゃなくて昼ごはん。参考に

右手前にあるのがホブズ、その奥がホンモス、左下にあるのがファラーフェル(豆をするつぶしてスパイスを加えてあげたもの)と左奥は通称サラダ(ただのピクルス)

このファラーフェルの入ったサンドイッチ(ホブズを半分にしてその中に、ホンモスを塗りファラーフェルをいれ、野菜を少しとフライドポテトを少し入れたもの)も朝ごはんの日もあり 1個 65円くらい

こんなものを女の子たちとやいやい言いながら食べます

食べてないとどうしたんだ??と後から言われるので毎日食べてます



で、先日、前日からお金をいつもより多い0.5JD(80円)集めて、次の日はちょっと料理をするから、と

翌日10時前から同僚がいなくなり、なにやら大きなたらいを持って登場。料理をしてきた様子。

さらに、センターのキッチンで料理をしてる様子。


そして数分後。。。。。。



できあがり

「ムジャッラレ」


ヨルダンでも南部にしかない料理とのこと


ホブズを細かく切って、それをジャミード(羊の硬いチーズ)と水を煮立てたところに入れて、浸す

それを盛り付けたら、野菜も盛り付けて、最後に、羊のバターを溶かしてかける!

バターを混ぜながら食べる。

味は、マンサフに似た感じ(ジャミードを使ってるからね)

で、チーズの味がするから、おいしい(^0^)

5口目までは・・・・

その後は大変・・・・やめようにもやめられず、 食べるのをやめると「おいしくないの?食べてよ」と

添えてある生野菜を一生懸命かじりながら、紛らわせ、人がひいたところで

「ハンドルリラ」(ご馳走様)  

家に帰ってからすごい胸焼け、、、、、



そして、今 はまってんのは「日本食」

おいしい。ちゃんと野菜もたくさん食べれるし、脂だって少ない。

日本食はヘルシーフードに間違いない

0 件のコメント: