2008年11月13日木曜日

たまには

たまには活動のことを書いて欲しいというリクエストにこたえて・・・

たまには活動のことを


今の活動先は、マアン県マアン市のマアン母子保健センター

日本で言うなら、地方の県庁所在地の一番大きな保健所みたいなもん


保健センターでは、妊産婦健診や予防接種、乳幼児健診と家族計画指導(避妊とか)と、乳がん検診なんかをしてます



同僚は専門職6人、使用人2人

来所者は1日20人~30人→つまり一人3人~5人を1日で対応するということになるわけ


そして今、実習生がセンターに

8月に一緒に研修を受けていた保健支援員って人たち

2ヶ月ぶりの再会。

センターでの実習

お客さんが来ないと仕事にならないわけ。   お客さんが多いと仕事が多い。

普段、、、スタッフに対しての来所者が少ない=しごとがない



でも、実習生がいることで

いつもならやらない乳幼児健診や産婦健診をちゃんとやってる

いつもならやらない聞き取りをちゃんとやってる

いつもならやらない統計の記録をちゃんとやって

いつもならやらない保健指導までやってる!!!


外の風が吹くっていいことだな~♪なんてのんきに思いながら


普通にしゃべれるってうらやましいな・・・・・


言葉の壁の大きさに改めて気づかされてる今日このごろ。


私に簡単な相談や健診を頼みに来るお母さんがちょろちょろ出てきた。

センターに来る妊婦さん、やっぱり赤ちゃんのことが心配だからエコーをしたい、児子音を聞きたい、自分の体調の不調も聞いて欲しい

わかるよ、機械も使えるし、検診だって普通にできる。→日本でやるのと一緒だから

そして、言ってることは、わかんないこともあるけど、大まかにはわかるんだよ。


でも、、、、

もっとしゃべれたらな

もっとしゃべれたらこのお人に伝えたいことがあるのに

聞きたいことがあるのに

あぁ 会話がしたい

言葉の壁   でかいなぁぁぁ

2 件のコメント:

ケニャイチロー さんのコメント...

わかる。活動に慣れてきたら、もっと会話したいって思うよなあ。俺ももっともっと話たい。

akane さんのコメント...

くろちゃん
そうそう。勉強しないとこの壁はなかなか乗り越えられない
わかってるわかってるよ
でも、、、、、