2010年7月4日日曜日

帰宅後

こんにちは。

日本です。
日本に帰ってきて、13日が経過しました。

到着当日、
日本の湿気に包まれ、息ができない!!って感じでした。
大きなバックパックを背負って新宿をうろうろしました。
人がたくさんいるのに、とっても町がきれいでした。
道を聞きたかったけど・・・・誰もとまってくれません。 日本人は忙しい
タクシーに乗ったら、ドアが自動で開きました。 うわさに聞いてましたが、これに戸惑いました。
タクシーの運転手さんが一言もしゃべりません。 こっちから話しかけました。
コンビニに入って、物価の高さにびっくりしました。 
ホテルのフロントの人の対応の良さに安心しました。

翌日からの研修で
時間通り(より早めに)研修が始まりました。 
話す内容についていけませんでした。アタフタしました。

など、、、
たくさんのことにびっくりして、おどおどして、ぐったりでした。
これを逆カルチャーショックって言うらしいです


今は実家ですごしてます。
これからどうするかなぁ・・・・

ま、なんとかなるでしょ。



そんな感じで、また日本での生活。
日本のことをもっと知らないと、、、、



こんな取り留めのないブログを読んでいただいてありがとうございました。
ブログを通じて、ヨルダンに興味をもってくれた方がいたら幸いです。
今回でブログの更新を終了します。
ありがとうございました。



2010年6月22日火曜日

御礼

こんにちは

今ドバイです。


ついにヨルダンを飛び立ちました。
しばらく帰ることはない土地になりました。ヨルダン。



ヨルダンに来て、いろんな出会いに支えられてすごした2年間

すべての皆さんに感謝です。
ありがとうございました。



いつも好き勝手なことを言わせてもらって ありがとうございました。

いつもおいしい料理を用意してくれて ありがとうございました。

相談にのってくれてありがとうございました。

話を聞いてくれてありがとうございました。

テニス、楽しかったです。ありがとうございました。

そのほかにもたくさん。




また会いましょう。

最後のヨルダン料理は、、、いつもの店のファラーフェルサンドイッチ




明日も前を向いて歩いていけますように。

2010年6月20日日曜日

挨拶

こんにちは。

アンマンです。朝はね、涼しいです。

さて、先週の木曜日です。
活動先の最終日でした。職員も一緒に職場に挨拶へ。


「あかねが来たことで、私たちは変化があった。たとえば、みんなの対応や雰囲気が変わった」

「それは、あかねのパーソナリティから来るもので、私たちのプラスの変化があったんだと思う。」

と一緒に活動をしてくれていたモナがいってくれました
うれしかったです。

2年間、何をしてたんだろう・・・と思うことがあったし、
自分から見ての変化を同じように同僚も感じていたなんて知らなかったので、
本当にうれしかったです。


そして その日のお昼は、いつも一緒に遊んでくれていたハディジャの家へ。
アポなし訪問にもかかわらず、
おいしいご飯と、お昼寝と、楽しい会話とお土産を


アカネは私たちの家族で、いつでもこの家に来るのが当たり前だからね。って。
私が見えなくなるまで、外で見送ってくれて、手を振っていてくれて、
じーーーーーんとしました。


あーーいい人たちに会えたなぁ。
たくさんの感謝の気持ちを胸に 
日本に帰ります。